2016年12月30日

鍵盤のしくみを理解する

譜読み特集第4回目です。

本日は、「鍵盤のしくみを理解する」についてです。

鍵盤は、右に行くほど高い音が出て、左に行くほど低い音がでます。

そこで、右に行くことを「あがる」といいます。
左に行くことは「さがる」といいます。

たったこれだけで、大人には「当たり前」と思われることなのですが、未就学児にこの感覚を得てもらうことは、意外とハードルが高いことです。
まだ、左右の判別がついていない場合は特にそうです。

しかし、ピアノを教え始めた頃は、このようなことを教える必要があるとは、全く念頭にありませんでした。

私の経験で恐縮ですが、小学生のころ難しかった算数の問題があります。
例えば、「速さ」だったり、「割合」だったりなのですが、これが大人になると「当たり前」に理解できます。

おそらく、小学生の頃は実感として理解がないものだったので、難しく感じたのでしょうね。

ということで、時期がくれば理解できますが、それでは先に進めないので、幼児に教えていく場合は、そこをかみ砕いて理解してもらう必要があります。

他の内容と並行して、カードを使ったり、人形を使ったり、楽しく学びます。

ここで大切だなと思うのは、「難しい!」と思わせないことです。
小学生の頃の私のように、難しいというブロックが頭の中に出来上がってしまうと、拒否反応が先にたってしまうことがあるからです(そうです。私は理数系はとても苦手に感じていました)。

こんなことを教える必要があるのか?という疑問も浮かぶかもしれません。
自然に理解するだろうという考え方です。

しかし、ここはしっかりとピックアップして、きちんと入れておいた方が良いです。
ここがあやふやだと、レッスン中の会話で、「音が上がったでしょう?」「ひとつあがって」「ふたつおりて」などという言い方が、その都度あいまいな理解になってしまうからです。

幼い生徒さんは、そのあいまいな感じを、はっきり伝えてくれることはあまりありません。
あまり問題ないように進んで、先に行ったときに、ちょっとした壁になってしまうことがあります。

ピアノは一度にやることがたくさんある楽器です。
いらない壁は作らないに越したことはありません。

ただし、完全に理解しないと先に進んではいけないということではありません。
その生徒さんに入りやすいところから入れていけばよいと思います。
苦手な部分は、成長を待ちながら、かみ砕いて教えていけば問題ありません。

重要なのは、講師の側がその生徒さんがどういう状態にあり、何が得意で、何はまだ身についていないのかを正確に理解していることです。

そして、その生徒さんに合った順番で、必要なことを確実に身に着けてもらうことが大切だと思っています。

さて、本年の更新は最後になります。

一年間読んで下さり、ありがとうございました。
来年も、常に勉強して、少しでも皆さんのお役にたつ内容を書けたら良いなと思っております。

それでは、良いお年をお迎えください。

讃井悠季

posted by yuki-sanui at 21:21| 譜読み特集

クリスマス会終了!

12月11日(日)に、第4回目のクリスマス会を開きました。

毎年企画や準備にバタバタになることがわかっているのですが、楽しくてやめられません。。。

今年は年齢別に2部に分け、真ん中に演奏タイム「クリスマスコンサート」を設けました。

連弾を11組です。

定番の2人の他、1人増えて3人、4人のチームも3つありました。

どの生徒さんもがんばりましたね。
本番が一番上手な人も何人か…♪

毎回なのですが、ご家族の皆さんもたくさん集まって頂き、本当に感謝です。

演奏以外の「クリスマス会」では、みんなでお菓子を食べたり、ゲームをしたり盛り上がりました。

未就学児チームのゲームは、「リズムあてゲーム」。
通常レッスンでは、みんなリズムカードを使って、いつもたくさんリズムを叩いています。
そのカードを拡大してたくさんコピー。当日は、それがばらまかれた中、生徒さんたちはチームに分かれ、私が叩いたリズムのカードを探して、取ります。
1人1枚あるから、心配しなくて大丈夫だよ。

とれた人は(絶対とれます♪)、私のところに来てチームで合わせて、リズムを叩きます。
叩けた人はちょこっとお菓子のおひねりがもらえます(みんなもらえます♪)。

これだけなのですが、みんな夢中でやってくれて本当にかわいかったです。

お母さま方も絶妙のフォローをしてくださいました。

小学生チームは、クイズです。

あらかじめ「ここからでるよ!」の紙を勉強しておき、当日はそれらの音楽クイズ、プラス雑学クイズでした。学年混合のチーム戦にしました。これまたけっこう、盛り上がる!

意外にも、生徒さんのご兄弟が健闘したりして…

点数の高かった順に景品を選べますが、中が見えない袋なのでまた大騒ぎです。
これは、息子の学年集会からアイディアを頂き♪

大した景品は入っていないのですが、楽しんでくれたようでよかったです。

両方の部とも、最後に絵本の読み聞かせをしました。

私は音楽担当、母が絵本担当のコラボレーションです。

未就学児は、「ぐりとぐらのおきゃくさま」。
サンタクロースが来て、すてきなケーキを焼いてくれるお話ですね。

小学生は、「子うさぎましろのお話」です。サンタクロースにプレゼントを頂いたのに、「まだもらってないよ」ってちょっぴりうそをついてしまったましろは…、

ご興味あればぜひ、読んでみてください。

長くなってしまいましたが、クリスマス会のご報告でした。

未就学児タイムから小学生タイムまでずっといて下さったご家族もいらっしゃます。
長かったですね…、ありがとうございました!
posted by yuki-sanui at 20:52| イベント

合格おめでとう!

先日、生徒さんの一人が、目標としていた音楽学校の合格を手にすることができました。

とてもがんばっていたので、本当に嬉しいです。

Sちゃん、おめでとう!!

と同時に、私も色々な先生方にお世話になって今こうしていられることを改めて実感いたしました。

先生方、ありがとうございます。
今後もご恩返しができるよう、精進いたします。



posted by yuki-sanui at 20:25| レッスン一般